阿部 泰(あべ あきら)

不貞問題に詳しく、慰謝料獲得のポイントを熟知

はるかぜ法律事務所 | 阿部 泰(あべ あきら)

〒060-0042 札幌市中央区大通西8丁目2番地38 ストーク大通ビル2階

受付時間: 平日 9:00~19:00

はるかぜ法律事務所

土日対応
初回相談無料
夜間対応
秘密厳守
はるかぜ法律事務所オフィス
事務所名 はるかぜ法律事務所
電話番号 050-5385-1923
所在地 〒060-0042 札幌市中央区大通西8丁目2番地38 ストーク大通ビル2階
担当弁護士名 阿部 泰(あべ あきら)
所属弁護士会
登録番号
札幌弁護士会
No.47940
担当弁護士:はるかぜ法律事務所

不貞問題に強い

不貞問題が原因の離婚では、慰謝料を請求できる可能性があります。しかし、慰謝料を獲得するには、多くの場合は「不貞の証拠」が必要です。

ほとんどの場合、不貞の直接的な証拠はありません。そのため、小さな証拠をいくつも集めることがポイントになります。
証拠として数えられるものは、たとえばメールやLINEの履歴、ラブホテルのレシート、録音した不倫相手との会話、写真などです。
一つひとつの証拠は弱くても、それらをつなぎ合わせれば事実が証明できることもあるのです。

不貞行為をはじめ、離婚問題に一つとして同じものはありません。私は、依頼者のケースごとに、証拠となりそうなものをアドバイス。依頼者と連携しながら、法的に通じる「根拠」を組み立てていきます。

はるかぜ法律事務所の特徴

事務所の名前の「はるかぜ」は、問題を解決して穏やかな春が訪れるように、そのための力になりたいという思いから付けました。
打ち合わせの際に、ご不明な点や疑問点などなんでもお聞かせください。
「解決」という結果だけを一方的にお渡しするのではなく、依頼者と共に、一つひとつご納得いただきながら着実に行動していきます。

受付時間・アクセス

はるかぜ法律事務所の受付時間は、平日9:00~19:00です。
しかし事前にご予約をいただければ、時間外の対応も可能です。土日祝をはじめ、平日夜間など、ご都合のつく日時があればお気軽にお問い合わせください。

札幌市電「中央区役所前」停留場より徒歩2分、地下鉄東西線「西11丁目」駅から徒歩1分の場所にあるため、アクセスも良好です。

出張相談も可能なので、怪我や病気など外出が難しい方もご相談ください。

定休日 土曜・日曜・祝日
相談料 初回相談無料
最寄駅 札幌市営地下鉄東西線

西11丁目駅から徒歩5分
対応エリア 北海道
電話受付時間 平日 9:00~19:00
着手金 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
報酬金 ・法テラスを利用できる場合は原則として法テラスを利用します。
・事務所にお越しいただくことが困難な場合は、事情によっては交通費のみでご指定いただいた場所まで伺います。
・相談段階では相談料はいただきません。
・事案や収入状況によって柔軟に対応しますので、費用面でご不安な方も、お気軽にご相談ください。
はるかぜ法律事務所に相談

【対応分野】はるかぜ法律事務所

不倫慰謝料
財産分与
養育費
親権
DV・モラハラ
離婚前相談
調停離婚
協議離婚


 無料相談

離婚のお悩み無料で弁護士に相談できます!

当サイトでは離婚・不倫問題に強い弁護士のみを掲載! 無料相談・土日祝日・オンライン面談可能など、あなたの希望に合った弁護士事務所を探せます。まずはお気軽にご相談ください。

離婚時にトラブルになりやすいこと

離婚のときにトラブルになりがちなのは、主に「慰謝料」「親権」「財産分与」の3点です。
それぞれ詳しくご説明します。

慰謝料

離婚の原因が相手にある場合、例えば相手に不貞行為があるときは、高額な慰謝料が期待できることもあります。

はるかぜ法律事務所にも、「配偶者の不貞行為で離婚をしたいが慰謝料はどの程度になるのか知りたい」という相談が多く寄せられます。しかし、慰謝料の相場は一概には言えません。ご家庭ごとのケースによって慰謝料の額は変動するので、まずは無料相談にて詳しい事情をお聞かせください。

親権

小さなお子さまがいるご家庭では、親権の争いが目立ちます。

お子さまが手のかかる年齢であるほど、親権は今まで監護してきた母親に認められやすい傾向があります。しかし、母親側に育児放棄があるなど「母親が子どもを養育するのは困難」と判断された場合、親権は父親が獲得しやすくなります。

離婚成立後に親権者を変更するのは非常に困難なので、親権の獲得を希望している場合、お早めにはるかぜ法律事務所までご相談ください。

財産分与

離婚したご夫婦は、住居を別にすることがほとんどです。
そこで問題となるのが、婚姻中に得た財産。特に持ち家などの不動産は2分割にはできないため、トラブルになることがよくあります。

財産分与の方法はいくつかありますが、はるかぜ法律事務所では依頼者の意向を最優先に考えます。
どちらか一方が居住を続けるのか、あるいは不動産を売却して金銭化したうえで折半するのかなど、ケースによって手続きが異なるのでまずはご要望をお聞かせください。

離婚問題を弁護士に依頼するメリット

離婚を考えているなら、間に弁護士を立てることをおすすめします。
後々になって思わぬトラブルを招かないためにも、弁護士のサポートで的確に解決しましょう。

様々なアドバイスやサポートを受けられる

離婚問題は、法的な問題はもちろんですが、配偶者への思いや新たな生活への不安など様々な感情も複雑に入り組むもの。
はるかぜ法律事務所で相談される方の中には、「法律相談から外れて申し訳ないのですが……」と前置きしてお話される方が少なくありません。しかし、一見「世間話」と思えるような内容でも有益なアドバイスを行えることがあるので、遠慮せずなんでもお話ください。

合意書を作成できる

離婚後に、「離婚前に決めた条件が履行されない」と悩む方は少なくありません。
養育費の支払いや財産分与など、後から蒸し返されないためにも「合意書」を作成しておきましょう。

しかし、正しい方法で作成しないと、法的に有効と認められにくいのでご注意ください。公正証書を用いて正式な形で制作すれば、万が一のときには強制執行など強力な効力を持つ「印籠」として使えます。

自分の権利を知ることができる

離婚時の問題として、養育費、財産分与や慰謝料などは意識しても、他の権利に気づけない方は少なくありません。
たとえば、離婚前の別居中の生活費や年金分割などの権利もあります。

離婚が成立すると、後から取り決めを増やしたり覆したりするのは非常に困難です。
弁護士が間に入ることで、獲得できる権利を先に知ることができます。
後になって後悔しないためにも、弁護士のアドバイスを受けて納得のいく離婚をしましょう。

客観的な判断ができる

お互いが感情的になっている場合、離婚に向けた話し合いをスムーズに進めることは難しいです。
いつまでも折り合いがつかないため、離婚の目途が立たずに疲弊してしまう方を私はたくさん見てきました。

ご夫婦の二者間だけでは解決しにくい話も、弁護士が間に入ることで解決に向かう事例は珍しくありません。

はるかぜ法律事務所は、まず依頼者から相手の性格や思考傾向をヒアリング。それらの情報を基に、相手に納得してもらいやすい方法などをアドバイスします。

弁護士が間に入ることで二者間では思いつかなかったような新しいアイデアが出ることもあり、「長い間話し合っても平行線だったのに、はるかぜ法律事務所のアドバイスを実行したら話し合いが進んだ」など多くの喜びの声をいただいています。

はるかぜ法律事務所は、不貞行為をはじめ慰謝料問題に精通

「弁護士」と聞いただけで、敷居が高そう……と躊躇する方は少なくありません。
はるかぜ法律事務所は、難解な法律でも、丁寧に噛み砕いて説明するのでご安心ください。
実際、「インターネットでどれほど検索しても全く理解できなかったけれど、はるかぜ法律事務所の説明でスムーズに理解できた」など、私のところには毎日のように喜びの声が寄せられています。

はるかぜ法律事務所は無料相談を受け付けていますが、それは依頼者に「選択」をしていただきたいから。はるかぜ法律事務所を含め、いくつもの弁護士事務所に相談して、そのうえで私を選んでいただければこれほど光栄なことはありません。

不貞問題では多くの慰謝料が獲得できる可能性がありますが、同時に「証拠」の収集が難しい事案でもあります。しかし小さな「証拠」を積み上げれば、法的に認められることも不可能ではありません。

はるかぜ法律事務所のサポートで、新しい生活への一歩を踏み出しましょう。

関連都道府県と市区町村



必須お名前
必須ふりがな
必須お電話
必須メールアドレス
必須メールアドレス確認
任意ご住所
任意ご相談内容

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

※電話での無料相談及びメールでの無料相談に対応していない事務所もございますので一度お問い合わせください。

はるかぜ法律事務所に相談
    登録カテゴリや関連都市:
  • 北海道

離婚・不倫の慰謝料の相談は専門家にお任せください!

  • 離婚したいけど相手が応じてくれない。
  • 離婚後の生活に不安を抱えている。
  • 親権の獲得や養育費をきっちり払ってもらいたい。
男女問題でお困りの方は専門家に相談してご自身の人生を取り戻しましょう。

北海道カテゴリの最新記事

はるかぜ法律事務所に相談
はるかぜ法律事務所に相談する
050-5385-1923
はるかぜ法律事務所に相談する
PAGE TOP