離婚を迷う人必見!迷う理由や離婚を決断した理由を知って、未来のために正しい行動を

離婚を迷う人必見!迷う理由や離婚を決断した理由を知って、未来のために正しい行動を
離婚を迷う人必見!迷う理由や離婚を決断した理由を知って、未来のために正しい行動を
  • 「離婚するか迷っている…どうすればいい?」
  • 「離婚に悩んだときの正しい対処法が知りたい」

様々な理由から「もうこの人とはやっていけない…」と思ったものの、離婚することに迷っている人はいませんか?こちらの記事では離婚に迷う人に向けて、他の人が離婚を迷う理由や離婚に向けての考え方を詳しく紹介。自分の将来を決める上での参考になります。

さらに離婚に迷ったり悩んだりしたときにとるべき6つの行動には、どのような道を選んだとしても後悔しないための秘訣が含まれています。離婚をなかなか決断できない人や、自分がどうすればいいか分からなくなってしまった人への指針となるでしょう。


 無料相談

離婚のお悩み無料で弁護士に相談できます!

当サイトでは離婚・不倫問題に強い弁護士のみを掲載! 無料相談・土日祝日・オンライン面談可能など、あなたの希望に合った弁護士事務所を探せます。まずはお気軽にご相談ください。

離婚を迷っている理由や根本的な考え方とは?

離婚を迷うということは、今自分がどういう状態にいるか分かりますか?こちらでは離婚を迷う深層心理や多くの夫婦が迷っている理由などについて解説していきます。

離婚するか迷うのは夫婦関係に不満があるとき

離婚するか迷っているのは、夫婦関係に不満があるときです。「円満な夫婦は離婚を迷わないんだから、当然なのでは?」と思うかもしれませんが、夫婦関係のどんな部分に不満があるか冷静に見つめなおすことができれば、離婚を回避できる可能性も。

まずは自分たち夫婦の状況を整理して、なぜ離婚を考えるようになったか、なぜ離婚を迷っているのかを考えてみましょう。自ら考えたうえで将来を選択していければ、より主体的に今後の人生を送ることができるはずです。

離婚に迷うのは当然のこと

そして離婚に迷うのは当然のことでもあります。一生ともに過ごすと誓った相手との離婚は、あなたの今後の人生を大きく左右する重要な決断。そのため、離婚という決断に迷うのは当たり前といえます。決してあなたの自尊心が低いからでも、自分に自信がないからでもありません。

実際、配偶者のDVやモラハラで苦しんでいる人でも、周囲から離婚を進められていても、離婚を迷います。再婚した人以外は、離婚は初めての経験。これからの人生を大きく左右する出来事で、離婚の手続きを進めるのも大きなエネルギーが必要です。離婚に迷うのは当然のことと考え、自分の気持ちに無理をしないようにしましょう。

離婚を迷っている人の主な理由

では他の人はどのような理由で離婚を迷っているのでしょうか。

子どもへの影響

子どもがいる場合に離婚を迷う理由で多いのが、子どもへの影響を考えたためです。父と母がいて当然の子どもからすれば、親の離婚は家庭の崩壊を意味します。とくに子どもが小さければ小さいほど、子どもへの影響が大きいと考えられます。

例えば「両親2人からの十分な愛情を与えられない」「家計のための仕事で子どもとの時間が取れなくなる」「金銭面の問題で進学の幅が狭まる」などです。とはいえすべての子どもに当てはまる訳でなく、離婚しても健全に育つ子どもはたくさんいます。逆に離婚しなくても両親の仲が悪いと、子どもに悪影響を及ぼす場合も。

経済的不安があった

経済的な不安から離婚を迷う人もいるでしょう。とくに子どもの出産のタイミングで仕事を辞め、現在専業主婦やパートなどで働いている女性に多いです。日本では子どもが小さいと、それだけで採用に不利になるケースもあり、働きたくても働けない現状があります。

また離婚時に必ずしも慰謝料をもらえるわけでなく、子どもの養育費を長年にわたって支払ってもらえる保証もありません。子どもに辛い思いをさせたくないという理由の一部にも、離婚による経済的な不安が大きく影響しています。

夫婦関係を修復できる可能性

まだ夫婦関係を修復できるのでは?という思いから、離婚を迷っている人もいます。もちろん夫婦関係を良好にして離婚を回避できれば、それに越したことはありません。ただし夫婦関係を修復できるのは、次のような夫婦に限ります。

  • 自分自身を変える努力ができる
  • 互いに本心からの話し合いができる
  • 相手への愛情が残っている
  • 修復のために多少の犠牲を払える

夫婦関係を修復するには、互いの気持ちが一致している必要があります。

世間体が気になる

世間体や周囲からの目が気になって離婚を迷っている人も少なくありません。最近は離婚が珍しくなく、周囲に離婚経験がある人も増えてきていますが、それでもひとり親家庭やシングルマザーに対する偏見の目はあります。

中には「離婚したことを周囲に伝えていない」「父親がいないことを単身赴任中と言っている」というケースも。離婚件数が増えたとはいえ、周囲の目が気になって離婚を躊躇する人も少なくありません。

相手への情がある

相手への情があるからゆえに、離婚に躊躇している人もいるでしょう。夫婦としての愛情がなくなっても長年家族として一緒に暮らしてきた相手を、そう簡単に切り捨てることはできないと考える人も多いはず。ただ離婚を迷っている状態なのに、離婚したらかわいそうと思っているのはあなただけの可能性があります。

また離婚するのはかわいそうだからという情だけで離婚しないのは建設的な関係ではありません。離婚したいかどうかは自分の気持ちだけで決めること。相手のことを考えるのなら、離婚後にでも可能なサポート手段を講じるべきです。

離婚に悩んでいる人の決め手や離婚を後悔したいためのポイントについては、こちらの記事を参考にしましょう。

「離婚に悩む人の決め手は?決断を後押しする理由と後悔しない6つのポイント」

迷っている離婚を決断した理由

離婚を迷っている人は、一体どのような理由で決断したのでしょうか。

夫婦としての将来が見えなくなった

夫婦としての将来が見えなくなったという理由から、離婚を決断した人がいます。喧嘩が絶えないや価値観の違いなど理由は様々ですが、「このまま死ぬまで一緒にいることはできない」「夫婦としての未来の姿が見いだせない」と感じると、離婚を決断するようです。

愛情がなくなり一緒にいるのが苦痛

相手への愛情がなくなり、生理的な嫌悪感を抱いたり、一緒にいるのが苦痛だと感じると離婚が現実的になります。「浮気した夫が子供に触れるのが耐えられない」「同じ空間にいるのも嫌だ」という状態では、夫婦として一緒に生活するのは不可能でしょう。

たとえ男女間の恋愛感情が冷めても、家族としての愛情や信頼感があれば生理的に受け付けなくなることはありません。しかし様々な理由で愛情や信頼感がなくなると、一緒にいることが耐えられなくなります。このような場合は結婚生活自体が苦痛になっている証拠です。

不倫された

夫や妻に不倫されたことが許せず、離婚を決意する人も多くいます。相手への愛情が残っていると離婚に迷いますが、不倫されると百年の恋も冷め、躊躇なく離婚へと舵を切るようです。中には、一度きりでなく複数回に及ぶ不倫で離婚を決意したケースも。信頼関係が大切である夫婦にとって、不倫は重大な裏切り行為でもあります。

モラハラやDVがあった

離婚を決意した理由が、相手からのモラハラやDVというケースもあります。自分だけなら何とか耐えられるものの、子どもにまでその手が及ぶと離婚を決意する人も少なくありません。また自分で決意する以外にも、親や周囲に離婚を勧められた、相談機関から別居するよう説得されたという場合も。

モラハラやDVは家庭内で発生するため、外の人からは見えません。もしもモラハラやDVで離婚しようか悩んだら、まずは誰かに相談するようにしましょう。

子どものため

子どもへの悪影響を考えた結果として、離婚を決意する人もいます。子どもは離婚を迷う理由にもなる一方で、離婚を決断する理由にもなり得るということ。夫婦喧嘩が絶えず家庭内が殺伐としている場合や、子どもに暴力や暴言があるケースが該当します。

子どもにとって両親がそろっていることが幸せとは限らないと気づいたとき、離婚へと気持ちが傾くきっかけになります。

相手への信頼がなくなった

再三の裏切りや嘘、隠し事などから相手のことを信頼できなくなり、離婚を決意する場合があります。度重なる借金や嘘をついてのギャンブル、二度目はないと言ったのに繰り返される不倫など。相手のことが信頼、尊敬できなくなると、一緒に暮らすのが苦痛になります。もう我慢できないと思ったときに離婚を決意するようです。

離婚に踏み切るきっかけや離婚の決め手についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

「離婚に踏み切るきっかけとは?統計からみる理由と決め手、後悔しないためのチェックポイントを解説」

離婚に迷った人がするべき6の行動

離婚しようか迷っている方は、次に紹介する行動を実践してみてください。

離婚したい理由を紙に書いてみる

まずはあなたが離婚したいと思っている理由を、なるべく具体的に紙に書き出してみましょう。小さい理由から大きな理由まで書き出すことで、離婚理由を客観視でき、本当に離婚すべきかどうかが分かってきます。その結果、「これは解決できそう」「離婚するほどの内容でもない」と考えが変わるきっかけになるかもしれません。

離婚したい理由は解決できないことなのか考える

紙に離婚したい理由を書き出したら、今度はその理由が本当に解決不可能な問題なのかを考えてみましょう。もし解決できるような問題であれば、2人で話し合って改善することができます。どうしても改善できないような問題の場合は、離婚以外に他の手段がないか考えてください。

そうすることで離婚を極力回避でき、離婚が今取れうる最善の選択なのかが分かります。

相手と話し合いの余地がないか試す

自分一人だけで離婚を迷っている場合は、相手と話しあう必要があります。何となく離婚してしまった人やそのときの感情のまま離婚してしまった人の中には、離婚以外の方法がなかったかもう少し夫婦で話し合えばよかったと後悔する人がいるため。

結果的に離婚に至ったとしても、徹底的に夫婦で話し合い関係修復を試みたものの、どうしても二人の間の溝を埋められなかったという結果なら後悔することはないでしょう。相手に嫌な部分がある場合は、直接相手に伝えてみては?どうしても2人だと感情的になってしまうという方は、第三者に立ち会ってもらう、言葉を選んで要点だけを伝える等の工夫をしてみましょう。

離婚したらどうなるか調べる

離婚したらどうなるか調べるのも、離婚を迷っている人に有効な方法です。離婚を迷っている場合、離婚後の生活に不安を抱えているケースがあるからです。離婚後に後悔しないためにも離婚後の生活についてシミュレーションできれば、後悔を防げるだけでなく心や環境など様々な準備ができるはずです。

住まい

離婚後、今住んでいる家を出て生活する予定の方は、住まいをどうするか考えておきましょう。結婚後に購入した夫婦名義の家に住んでいた場合は、その家も財産分与の対象になります。売却して等分に分けるのか、片方が住んで住宅ローンを負担するのか決める必要が出てきます。

自分が出ていく場合は、離婚後に住む家を探さなければなりません。とくに子どもの親権を希望する方は、離婚後の養育環境も重視されるため、住環境を整えなければならないでしょう。職場や子どもの学校などを考えて家の場所を決めると同時に、継続的に支払っていけるだけの家賃という条件も出てきます。

離婚で市営住宅の手続きがどうなるか知りたい方は、こちらの記事を参考にしましょう。

「離婚で市営住宅の手続きはどうなる?離婚前・離婚後の申し込みのポイントを解説」

子ども

子どもがいる夫婦の場合、離婚することで子どもにどのような影響が出るか考える必要があります。本来なら両親から愛情を受けて育つ機会を奪われ、片親になることで経済的に困窮することも考えられるため。両親の離婚によって習い事や進学を諦めなければならなくなる事態も想定しなければなりません。

本来離婚は夫婦間の問題です。子どもはその離婚に巻き込まれた一番の被害者だということを忘れてはいけません。離婚をする場合は子どもへの影響を第一に考え、極力子どもに負担がかからないタイミングや法方法を選びましょう。

離婚時の養育費の相場や増額方法、請求方法に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

「離婚時の養育費の相場が知りたい!ケース別の相場や増額方法、請求方法とは?」

経済的状況

離婚後の生活を成り立たせるには、経済的な見通しを立ててから離婚するのも重要です。離婚時に慰謝料や財産分与等で一時的なお金を獲得できても、片親で子どもとの生活を維持し続けていくのが困難で、離婚を後悔してしまう人がいます。

専業主婦や扶養の範囲内で働いていた方は、貯金を確保したり、仕事を探す必要があります。まずは1カ月でかかる生活費を洗い出し、最低でもいくら必要なのか計算しましょう。実際に想定した金額で何カ月か生活してみるのもいいでしょう。

すぐに経済的な見通しが立てられないという方は、結婚期間中に貯金をしたり、資格を取得して就職しやすくする準備をしてみては?

離婚時にやるべきことをリスト化したいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

「離婚時のやることリストを全網羅!タイミングごとの内容と注意点とは?」

1人になる時間を作る・別居してみる

意識的に1人になる時間を作ったり、別居してみるのも離婚に迷った人におすすめの方法です。1人になることで、じっくり今後のことについて考えられるようになります。上で紹介した項目を考える上でも、1人になる時間は必要です。

状況が許せば別居を考えてみては?相手と物理的に離れることで、一緒に暮らしているときは分からない相手の良さや大切さを再認識できる場合も。ただし別居は長期間に及ぶとそれだけで「婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚が認められてしまいます。別居する場合はあらかじめ○カ月など、期間を決めることをおすすめします。

別居に必要な準備や注意点に関しては、こちらの記事を参考にしましょう。

「別居に必要な準備をシチュエーション別に解説!別居に関する注意点とは?」

より有利に離婚したいなら弁護士に

離婚に迷う段階を過ぎ、より有利に離婚したい場合は弁護士に相談するのがベストです。親権や養育費はもちろん、財産分与や年金分割など、あなたがより有利に離婚できる方法をアドバイスしてくれます。とくに初めて離婚を経験する夫婦の場合、話し合うべき離婚条件に抜け漏れが出る可能性が高いです。そのような意味でも離婚問題に詳しい弁護士に相談するのがおすすめ。

また離婚を迷っている段階でも、第三者的目線で冷静に判断してくれるでしょう。離婚する場合、たとえ自分自身の中で理由があったとしても、話し合いで相手が離婚に応じない場合や、裁判で離婚理由が認められないと離婚できません。そもそも自分は離婚できるのかについても、弁護士に確認できれば明らかになるでしょう。

お住まいの地域で、離婚問題に詳しい弁護士を見つける>>

離婚に悩んでも…これはNG!

離婚に迷ったり悩んだりしても、このようなことをするのはNGです。

自分一人で悩まない

離婚は夫婦の問題だからと、だれにも相談せずに一人で悩むのは止めましょう。自分一人だけで悩んでいると、結論を出すまでに無駄に時間がかかったり、間違った方向に考えが及んでしまうため。まずはあなたの幸せを考えてくれる親族や親しい友人に相談してみましょう。

離婚経験がある知人に相談するのも、離婚後の生活が具体的に想像できるのでおすすめ。もし知り合いで相談できる相手がいない場合は、次のような専門家や窓口に相談してみましょう。

  • 夫婦問題カウンセラー
  • 女性相談センター
  • 婦人相談所
  • 自治体の相談窓口

誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなったり、前向きに考えられるようになります。夫婦関係を客観的に判断してもらえるだけで、1人では見つけられない解決策を見出せることも。

結論を急ぎ過ぎない

勢いで離婚したり、結論を急ぎ過ぎるのはNGです。「離婚しかない」という気持ちだけで離婚してしまうと、「もっといろいろ考えてから離婚すればよかった」と後悔する原因に。とくに相手の不倫が原因で離婚を考えているケースでは、怒りの感情のまま離婚に走ってしまいがちです。

離婚時に後悔する原因に、離婚後のことを何も考えなかったということがあります。離婚を決めるよりも先に、離婚後の生活を維持する手段や子どもの養育費を多く貰う方法など、考えなければいけないことはたくさんあります。

まずは本当に離婚すべきなのかについて2人でよく話し合い、離婚前の余裕のあるうちに考えうる準備をしてからでも、決して離婚は遅くありません。

あやふやな気持ちのまま離婚しない

あやふやな気持ちのまま離婚するのもおすすめできません。離婚後に後悔する原因となるためです。「周囲にこれ以上迷惑をかけられないから」「親や友達から離婚をすすめられたから」と周りからの見られ方や意見を優先して離婚してしまうと、また同じようなことを繰り返してしまう原因に。

また何となく結婚生活がつまらないと感じた場合や、相手に押し切られて離婚してしまった場合も後悔しがちです。離婚に限らず、自分の気持ちを最優先に考えながら、人生を精一杯生きることが幸せになるためのポイント。結婚相手や周りの人に依存し過ぎず、自分の幸せは自分でつかみ取るという覚悟が必要です。

離婚を切り出すときは冷静に

相手に離婚を切り出すときは、なるべく冷静になりましょう。感情的に話をしてしまうと、相手も売り言葉に買い言葉で話がこじれ、まとまるものもまとまらなくなってしまいます。話を切り出すときは言葉選びを慎重に、なるべく短時間で要点のみを伝えるのがポイント。

今までの恨みつらみなど言いたいことは山ほどあるかもしれませんが、泣いたり叫んだりはもちろん、相手を怒らせるような言動は厳禁です。冷静に話せないかもと不安な方は、他人の目がある喫茶店やカフェで話すといいでしょう。また共通の知人に立ち会ってもらうという方法もあります。

相手が離婚に応じないときの対処方法やNG対応については、こちらの記事を参考にしましょう。

「夫や妻が離婚に応じない…基本とケース別の対処方法を解説!やってはいけないNG対応とは?」

まとめ

離婚をするかどうか迷う理由で多いのは子どものためや経済的理由、世間体や相手への情などです。離婚を迷っているということは夫婦関係に不満があるときですが、離婚という人生を左右する大きな出来事を迷うのは当然のこと。

多くの人は子どもへの悪影響や不倫、DVやモラハラなどが離婚を決断する理由として挙げています。何よりも相手への信頼がなくなったときや愛情が持てなくなったとき、夫婦としての将来が見えなくなったときは離婚を決意しても当然かもしれません。

離婚に迷ったときは、離婚したい理由を紙に書き出し、修復不可能な問題なのか考えましょう。また離婚後の生活を具体的にシミュレーションするのもおすすめ。夫婦で話し合いを重ね離婚を回避できるのがベストですが、離婚を免れないときはなるべく有利に離婚できるよう、弁護士に相談することをおすすめします。

たとえ離婚に悩んでも、一人で考えすぎたり何となく結論を出すことは止めましょう。離婚を切り出すときはなるべく冷静に、感情的にならないよう心掛けてください。DVやモラハラなど2人っきりで話をするのが危険な場合は弁護士に代理人になってもらうことをおすすめします。

離婚・不倫の慰謝料の相談は専門家にお任せください!

  • 離婚したいけど相手が応じてくれない。
  • 離婚後の生活に不安を抱えている。
  • 親権の獲得や養育費をきっちり払ってもらいたい。
男女問題でお困りの方は専門家に相談してご自身の人生を取り戻しましょう。

離婚の基礎知識カテゴリの最新記事

PAGE TOP